最新の投稿
多様な薬のケース

大人も子供もヘルペスがうつりやすいので、何故うつるのかということや、どういった症状が出るのか、どうすれば治すことができるのかということを知っておかなければなりません。まず単純ヘルペスウイルス水痘・帯状疱疹ウィルスが違うものであるということを知っておきましょう。ヘルペスウイルスは約160種類ほど存在していて、そのなかで人間に感染するものは8種類だと言われています。すべてがうつりやすいわけでなく、特に単純ヘルペスウイルス1型と単純ヘルペスウイルス2型、水痘・帯状疱疹ウィルスが容易に感染するので有名です。単純ヘルペスウイルス1型は口唇ヘルペスを引き起こし、単純ヘルペスウイルス2型は性器ヘルペス、水痘・帯状疱疹ウィルスは帯状疱疹を引き起こすという特徴があります。

単純ヘルペスウイルスの1型に感染すると、口唇ヘルペスとなり、口腔内に症状があらわれますが、初めて症状が出た場合は、のどに強い痛みを感じるので、つばを飲み込むときにも痛みを感じるようになるでしょう。扁桃腺の腫れや首のリンパ節の腫れを引き起こすだけでなく、高い熱が出ることもあります。それ以外には摂食障害になったり、白い膿が出たりするなどの症状があらわれることも少なくありません。口唇ヘルペスが再発した場合は、のどに痛みやヒリヒリとした感じが起こるようになるでしょう。

単純ヘルペスウイルスの2型に感染すると、性器ヘルペスとなり、性器に症状があらわれます。男性の場合は亀頭や陰茎体部、女性の場合は外陰や膣の入り口にあらわれますが、子宮頸管や膀胱までウイルスが広がることもありますし、男性も女性も肛門周辺にあらわれる場合もあるでしょう。最初は患部の表面にヒリヒリとした感じやむず痒さを覚え、数日間をかけて赤いブツブツや水ぶくれができ、それが破れて潰瘍のようなものができます。これと同時に太もものリンパ節に腫れや痛みが見られるようになるのです。感染したときに症状がないこともありますが、1年以内に8割以上の人が再発するので、それによって潰瘍ができるようになることもありますが、初めて感染したときよりも軽度で、短い時間で治るようになります。

水痘・帯状疱疹ウィルスは、もともと水ぼうそうを引き起こすウイルスなので、初めてうつったときは水ぼうそうとして症状があらわれるでしょう。水ぼうそうが治癒すると神経節などにウイルスが潜伏することになり、生活をしていくなかで免疫力が低下したときなどに潜伏していたウイルスが活性化し、帯状疱疹として発症します。帯状疱疹の原因となる、水痘・帯状疱疹ウィルスはとても感染力が強いので、接触感染だけではなく空気によってもうつってしまうでしょう。

帯状疱疹の症状は、初めは神経痛のような痛みや知覚異常があり、数日から1週間ほどかけて発疹が出るようになります。痛いと感じていた部位に水ぶくれなどが出現し患部となるでしょう。それから数日かけて追加で新しく患部が増えるようになり、患部が増えたことが原因で病変部がつらなって帯状に見えるので、帯状疱疹と言われています。帯状疱疹も再発することがあるので注意が必要です。

性器ヘルペスや口唇ヘルペス、帯状疱疹は、大人も子供も感染してしまう病気であり、つらい症状を経験することになります。症状があらわれている間に大変な思いをするだけでなく、再発するのではないかという不安も起こりやすいものです。まずはヘルペスについての正しい知識を身につけることで、どのような変化があったらヘルペスを疑って病院に行くべきか知っておくと良いでしょう。年齢に関係なく発症しますが、特に子供は感染しやすいので注意が必要だと言えます。